第2章 二〇一二年は跳ぶ年