3-8. 営業力と拡張性

さらに会社を成長させるために
──営業力が決め手
 
これも、毎年の課題です。
 
マーケティング力、個別の営業力どちらが欠けても、ダメなんですね。
 
今の時代、極端に言いますと、一に営業、二に営業、三、四がなくて五に営業です。
 
科学的営業の模索、星型営業をやめる、昨年より、進化させるのは、リーダーの腕ですが…。(図 24

──それに拡張性
「洗濯機や冷蔵庫は、それ自体完結した商品。PCやスマホはユーザーが必ず通信契約を結び、
ソフトをインストールし、サービスを購入することで価値を発揮する」(『ジェトロセンサー』二〇一二年八月号)
 
アメリカの企業がグローバルに好調であることを評して、「拡張性ある技術」と言っています。
これは、商品開発のコツでしょうね。
 
拡張性というキーワードで、考えてみますと、ビジネスの展開が広がります。
 
例えば、前述した大塚商会などは、顧客に対して、商品で拡張した例ですし、メーカーのメンテナンス契約も拡張性です。
 
これは、今後の商品開発のヒントかな?

【POINT】
①マーケティング力と営業力はどちらが欠けてもダメで ある。
 科学的営業を模索し、星型営業をやめる!
②商品開発のコツは「拡張性」。
  PCやスマホという商品は通信やソフト、サービスに拡張できる。