2-7.一極集中から、一点集中へ?

都市の二極化
──平均値で判断してはいけない
 
下の図は、東京の税務署のランキングを勝
手に並べたものです。
 
同じ東京でもこんなに格差があるんです
ね。  ふと思ったのですが、一極集中の時代から、 一点集中の時代に変わっているのではない
か?
 
もう一極集中というコンセプトでビジ
ネスを考えるのは古いのではないか?
──ホットペッパーに学べ
いい参考例があります。リクルートのホッ
トペッパーのビジネス戦略です。
 
地域を生活圏というカテゴリーで細分化し
クーポンでビジネス展開をして、大成功しま
した。
 
ホットペッパーの最初の発刊が二〇〇一年
ですから、一〇年以上前です。
 
それに比べて、私が何を今更言うのかとお
思いでしょうが、マアマアマア。(笑)
  「日本は一一四の生活圏で成り立っている。 生活圏とは要は、「働いて」「住んで」「食べて」
「学ぶ」行動圏である。生活圏はそのタイプ
によって七つに分類される。
アーバン都市(銀座・新宿・渋谷など)、
   
大都市(横浜・名古屋・大阪・京都など)、
   
大都市周辺衛星都市(岐阜・宇都宮・大宮など)、
   
地方大都市(札幌・仙台・広島・福岡など)、
   
地方大都市周辺衛星都市(和歌山・福山・佐賀・小倉など)、
   
地方有力都市(鹿児島・熊本・岡山・金沢・旭川など)、
   
地方中心都市(郡山・青森・秋田など)である。
 
ひとつひとつのエリアの半径二〜五キロのなかで人は「衣食住働遊」の行動を行っている。
そして消費の八割をそこで行っている。その行動の中に必要な生活圏に限って提供するメディ
ア、それが『ホットペッパー』である。」(『Hot

Pepper ミラクルストーリー』平尾勇
司著、東洋経済新報社)

【POINT】
地域戦略はもはや一点集中の時代である。地域を細分化し たビジネス展開が成功のコツ。