はじめに

この本は二〇一一年、二〇一二年、そして、二〇一三年と続く私の経営ノートです
 
毎年末、来年はどんな時代になるんだろうな?
 
経営環境は?
 
そして、なにより弊社の経営はどうなるんだろう?
 
これが、私の例年の行事となって久しい。
 
さて、二〇一三年どんな時代になるんでしょうか?
 
不確実性の時代と言われて、毎年、まさかまさかの連続ですから、今年だって何が起きても
不思議がありません。
 
大吉のおみくじを当てても、屁のつっぱりにもなりません。(笑)
 
当然ですが、経営は何が起きても、対処できる、これが基本です。
 
私も経営者のはしくれですから、何が起きても、何があっても、言い訳できません。
 
でも、私は、経営の現場にいますから、私の考えが実践できる楽しさも実はあります。
 
経営は、仮説と検証の連続ですから、仮説を立て、実践する、これが自社でできる楽しみも
あるんですね。
 
すぐ、成功か失敗かは検証できるんですね。
(でも、取り返しのつかない大きな失敗をしますと、夜逃げしなければなりませんから、その
時は、『経営ノート』は絶版です。(笑))
  「本郷さん趣味は何?」と質問されて、昔は、無趣味ですと、ぼそぼそ話していました。
 
でも、今は年をとってずうずうしくなりまして、開き直り、「趣味は仕事と吉永小百合」と
答えています。
 
ですから、吉永小百合はともかく、弊社が傾きますと、私も趣味がなくなり、無趣味のタダ
の年寄りになってしまいます。
 
余談ですが、「好きこそ物の上手なれ」と言うように、好きなものは、いろいろ工夫したり
努力しますから、うまくなります。
 
昔、女性の口説き上手な男を雇ったことがあります。
 
口説きがうまければ、営業もうまいだろうと思ったのですが、これが全然だめでして…。
 
喫茶店で、仕事の打ち合わせをしている最中でも、女性が店に入ってくると目線がそっちに
行って落ち着かないのですね。
はじめに
はじめに
45
 
これは、女性が趣味で、仕事は趣味ではない。(笑)
 
これはダメだ、目的が違う。(笑)こんな経験がありました。
 
ところで、「財政の崖」が話題となりました。でも経営者は毎年、崖っぷちに立っています。
 
私を含め世の経営者は、毎年いわば「経営の崖」に落ちないようにしなければなりません。
 
昨年、二〇一二年の『経営ノート』は、少しくどいと言われました。
 
ですから、今年は、少し、ボリュームを減らして書きます。
 
私の考えが皆さんのお役に立てば幸いです。
 
まったく役に立たないかもしれません。(笑)
 
忌憚のないご批判と反論も大歓迎です。  読者ターゲットは、ずばり、中小企業の皆さんです。中小企業なくして、弊社もなりたちま せん。
 
最後になりますが、弊社の田尻重暁さん、
笹沼奈青さんには、図表の作成など、面倒な作業
を快く引き受けてもらいました。
 
又、東峰書房の根本寛之さんにはいつもながら、大変世話になりました。
 
紙面をお借りして御礼いたします。

二〇一三年二月
本郷孔洋